正会員/

書はよく解らないと耳にします。
これは書芸術が、実用と芸術の二面性を持って長い年月を共に生き抜いてきた為で、此れからは書作家自身がもっと古典を精査し、書芸術とは何か?個々が説明できる様に心がける必要があると思います。私は、書には幸い蘭𠅘という同じ時間芸術を持つ楽譜的存在があり、その方面から書という芸術性を考えると手掛かりがある様に思っています。

部会委員長

川波 猗嶂