正会員/

彫刻

県展彫刻部は、人体像に象徴される西洋的アカデミズムの手法と、伝統や土着的文化を背景とした表現作品とが混在することが大きな特徴であり、美術教育の実践的な場として機能している。この彫刻部会は、彫刻表現が、人間の生やものの存在・記憶といったものを無限に表現できる世界であることを認識し、素材の多様性にも着目しながら混沌を恐れずに表現に立ち向かう、そんな研鑽の場である。

部会委員長

山本 隆明